メイン画像

浪費ぐせがある人はまず

金融のことを考える前に浪費ぐせのある人は節約を考えなければいけません。 浪費などしていないと思う方でも実はしている可能性があります。 浪費と言えばブランド品を沢山購入したりギャンブルをすることを思い浮かべる方が多いかもしれませんがそれだけではありません。 例えば毎日ついついコンビニなどで甘いお菓子を買っていませんか。 100円均一に行ったときに余計なものまで買っていませんか。もしも購入したものが数年にわたって満足感のあるものであれば無駄遣いではありませんが、すぐに不要になったり購入に疑問を感じたときには浪費の可能性があります。 大して高いものを購入していないのに月末になると金欠になるという方は隠れ浪費ぐせがあるので注意が必要です。 まず金融の管理をすることが大事ですので毎月購入したものを把握してください。家計簿をつけるのいいのですが、それが面倒でしたらレシートだけでもとっておいてください。 これを見て月末に本当に必要なものを購入したのかチェックしてみましょう。 もしも不要なものを購入した場合にはその商品名のところにバツを付けてください。 このバツが少なくなればなるほど金融政策には成功したということになります。 自分のお金のことを把握すれば少しはよくなるはずです。 電気代や水道代などの節約もいいのですが、無駄遣いをなくすことがもっと大きな節約になります。 欲しいものが出たときにはすぐには買わずに一日待っておくのも方法です。これで衝動買いを避けられます。 出来るだけこの期間は長ければ長いほどいいのですが、長期的に待ってそれでも欲しいものであれば購買する価値があります。 もし途中で売り切れてしまったとしても金銭的な損はありません。 あと気を付けるのは割引されている商品です。 2000円のものが1000円で販売されていて購入するrと1000円得になった気分になりますが、不要なものを買うと逆に1000円損をしたことになります。 金融で大事な節約をしっかりと行えば驚くほどお金がたまります。