メイン画像

管理しておかないと

普段の生活の中でお金の管理は重要なことで、普段から何かしらの出費はつきものです。家計を維持していく上での出費は必然的なもので、そのお金の使われ方も用途や目的はさまざまです。給料や収入としてお金が入ることもありますが、お金が出ることを考えていき、その出費の管理が出来れば、貯蓄も出来ますし将来に備えての資金も準備が出来ます。 普段の中でお金を使うことを支出とし、理想的である支出の内訳と割合については消費が70%、浪費が5%、投資が25%であると言われています。同じお金を使うことでもこれらは内容が違います。消費というのは生活をしていく上での必要最低限の出費を差し、光熱費や食費、日用品の購入などがこれに該当します。浪費については必要性の薄い出費を差し、俗に言う無駄遣いのことを言います。投資に関しては将来の自分のプラスのためにお金を使うことで、たとえばスキルアップのためにスクールに通ったり、体力増強のためにジムに通うなどがこれに該当します。 家計を維持する上で必要不可欠なのが金融資産であり、お金であると言えます。財産はお金自体である以外にも不動産などの資産がありますが、最も流動性のあるものは金融資産となり、お金のやりくりが生活の上では一番重要になります。支出のほとんどもお金によるもので、普段の支出の見直しをしておくことでお金の管理は充分に出来ます。 金融資産を増やすことが、今後も含め支出に耐えられることは言うまでもありません。その方法には収入を増やす、資産の運用を行うなどといったお金を増やす方法もありますが、出費を抑えて節約を行うことで金融資産が少ないなりにも、生活の運営が上手にこなせるようになります。それには浪費を減らしていくことにあります。先に挙げた支出の理想として浪費は5%程度であれば、十分な節約につながりますが普段の生活の中で、あらゆる出費に対して本当に必要のある出費を見直し、無駄な出費があるならば切り詰めていくことこそが良い節約につながります。